規模より、売上高よりも「技術の質」を重視。
その独自の立ち位置が明日を拓く。

エイブル株式会社 代表取締役社長
株式会社バイオット 代表取締役社長

牛山晴夫

成長するバイオ関連産業の先端研究の分野で、当社は、独自の技術力を誇り製造を受け持つエイブル株式会社と、販売・市場開拓を担う株式会社バイオットの両輪で成立しています。

これからの日本の物づくり企業は、規模で攻めるか、スペシャリティで生きるかの2つにひとつしかありません。この後者を選び続けるのが当社です。企業などの製造場所が海外に移転しても、高度な研究開発部門はまだまだ国内に残ります。大手製薬会社・化学会社・食品会社・官公庁(大学も含む)など、こうした研究室に「開発を中心とした提案型の営業で代理店を通さずに直接販売する」。「言われたものを作るのではなく、新しく提案し、オーダーメイド、今まで世界に無かったものを作る」。「培養装置をただ売るだけでなく、研究の仕方をコンサルする。バイオ装置は付属品」。こうしたマニアックな企業として、各分野の最先端研究室と共同で物づくりをしていく。それが当社のスタンスです。ここまで徹底した同業他社は皆無です。小さい会社ながらメンバーには電気、センサー、機械、ソフト、設計など各分野の技術者が多数いて、この点でも特殊です。

こうした環境の中でこそイキイキとし成長できる人材、すなわち「自ら考えて自ら行動することを面白いと感じる人」に入社して欲しいと思います。

主要取引先※五十音順 敬称略

  • 旭化成ファーマ株式会社
  • 旭硝子株式会社
  • アサヒビール株式会社
  • 味の素株式会社
  • アステラス製薬株式会社
  • 化学及血清療法研究所
  • 学校法人北里研究所
  • 協和発酵キリン株式会社
  • 塩野義製薬株式会社
  • 第一三共株式会社
  • 大日本住友製薬株式会社
  • 武田薬品工業株式会社
  • 田辺三菱製薬株式会社
  • 中外製薬株式会社
  • 東レ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • 日本製薬株式会社
  • 阪大微生物病研究会
  • 株式会社微生物化学研究所
  • 日立造船株式会社
  • 株式会社本田技術研究所
  • 三井化学株式会社
  • 三菱化学株式会社
  • Meiji Seika ファルマ株式会社
ほか
PAGETOP