【ニーズを形にする】開発型ベンチャー企業 エイブル株式会社 株式会社バイオット

English

製品ラインナップ

動物細胞大量培養装置

キャスターごとオートクレーブします。付着性・浮遊性とも対応できます。

<概要>
本装置はオートクレーブ滅菌型の動物細胞大量培養槽を備え,滅菌・培養・洗浄等の工程は培養槽を架台にのせたまま行います。細胞の接着・誘導・分離等の操作も槽内で行えます。酸素等のガス交換は泡の出ない多孔性テフロンチューブ方式で,高密度培養(107cells/ml)にも対応できます。細胞分離用にジャケット付沈殿管を装備しており,パーフュージョンが可能です。制御には専用の制御装置を用意してあります。制御装置は以下の操作を自動化しています。

1.接着シーケンス
2.培養(パーフュージョン操作含む)
3.洗浄シーケンス
4.誘導シーケンス
5.トリプシン処理シーケンス
6.液送シーケンス

<特長>
◎ スピンナーフラスコを大型化したものなので,スピンナーフラスコとの培養条件の比較が容易である。
◎ 定置滅菌型培養装置のように培養槽周辺にバルブや配管がないので,設置スペースが狭くてすむとともにそれらに起因する故障やコンタミ,メンテナンス等が生じない。
◎ 装置が単純なので故障がおきにくいと共に,保守が容易で培養準備や培養後の洗浄等がしやすい。
◎ 槽内を観察できるので解析や条件検討をしやすい。
◎ 軽量でキャスター付きなので移動しやすい。
◎ 槽はスイングするので洗浄しやすい。

<仕様>
容量 :150L(全容)以下各種
材質 :培養槽-ガラス,天板-SUS316,その他接液部-テフロン及びSUS316
撹拌回転数 :10~100rpm
撹拌翼 :カイ型テフロン
軸封 :メカニカルシール
センサ :温度,pH,DO,液面
ガス交換 :多孔性テフロンチューブ
沈殿管 :ジャケット付きガラス製
コンデンサー :SUS316